2009.07住宅

F A N

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

3戸の賃貸住戸とオーナー住戸からなる集合住宅である。 北面は幅員25m の桜並木に面し、ほど良い拡散光が望める。また桜 並木が車道との緩衝帯となり眺望も悪くない。南面は広大な都立公園 に面し、採光・眺望とも抜群である。この恵まれた立地条件を最大限 に活かした計画を試みた。

まず賃貸面積を確保するために建ぺい率いっぱいまで建築面積を広げ た結果、南側居室は都立公園ぎりぎりまで寄せている。公園の木々が 開口部いっぱいに広がる心地よい室内環境となった。ただし避難空地 や採光距離が確保できないため道路側に負担させる形とした。 道路側外壁は硬質セメント板とアルミサッシを交互に組み合わせて軽 快なファサードにした。無機系素材を使うことで建物が町並みに溶け 込み桜並木を引き立たせる背景となる効果を狙っている。

 

-profile-

所  在  地     東京都武蔵野市八幡町
主要用途     共同住宅+オーナー住居
敷地面積         99.47㎡
建築面積         59.53㎡
延べ面積  196.54㎡
構  造   鉄骨造
階  数   地上4階
撮  影   菅原礼子

 

SHARE
シェアする
[addtoany]

Contactご相談は無料です。
お問い合わせフォームから
お気軽にご連絡ください。